メインイメージ画像

英会話学校で現地の発音が身に付くネイティブ講師による学習法について

一人で勉強していても、英会話学習をする時には、しばしばネイティブと話すことなどが重視されます。どうしてかと言うと発音などに関するポイントがあるからです。

元々その学習自体は、日本人から習うこともできます。しかしその日本人の方々の発音に関する問題点もあるのです。いつ頃からか、和製英語という表現が使用されるようになっています。日本人の場合は、独自の発音やアクセントがあるのです。

そして、その発音やアクセントが、本来の発音と異なることもあるのです。言い変えると日本人の講師の場合、必ずしも正しい発音などを習得できないことがある訳です。

それに対してネイティブの方々の場合、日本人のような癖が存在しません。現地語でトークするので、間違った発音やアクセントで英会話を学ぶリスクが減少することになります。このため多くの英会話スクールでは、ネイティブの方々を講師に採用しているのです。日本人の方々が在籍をしている学校もみられるのですが、それよりネイティブの方々は講師を務めていることが非常に多いのです。

前述のように、発音に関する特徴があるからです。

またネイティブにも、色々な人々がいらっしゃいます。アメリカ人だけではないのです。例えば英国の方々も、その言葉を話します。他にカナダやオセアニア諸国の方々も英語を話すのですが、そのイントネーションはアメリカとは異なるのです。

アメリカの発音に耳が慣れてしまっている方などは、イギリスの発音を初めて聞いた時には、全く聞き取れなかった等のケースも珍しくないです。このため英語の発音を学習するためには、色々な国籍の方々と接する必要があります。そしてスクールだと、多彩な国籍の方々は在籍していることが多いのです。その分かなり発音やアクセントに触れることができるので、かなりの英語に耳を慣らすことができます。そのような点もあり、英会話学習をしている人々は、日本人でなくネイティブの方々から学びたいと思っているケースがたいへん多いです。